広島のキャバの営業について

広島流のキャバについて

広島流のキャバについて

広島流のキャバとして、大阪心斎橋のお座敷キャバが人気である。

セールスポイントは、40分のセット料金が3900円のみで、女の子がマンツーマンで接客してくれて、飲み放題ということである。

お座敷なので、キャバ嬢の服装は、ドレスではなく浴衣である。

和室で浴衣姿の女の子の生足が色気を誘い、女の子とマンツーマンで料金が安い、と三拍子も四拍子もそろった店である。

他から指名が入っても、ヘルプなしで40分の時間内は完全にマンツーマンシステムとなっているので、落ち着いて、楽しむことができるので、客にも非常に好評である。

この店は、広島発祥の店で10年前に出来、現在、5店舗を地元で展開しており、余勢をかって、4年前に大阪に進出してきた次第である。

広島の店では、消費税が上がっても価格据え置きとしているほか、早割と称して、直接来店した場合で指名しない客を対象に、月曜~金曜の平日の8時までに来店すると、1000円割り引いて、40分2900円としているので、ますます人気を博している。

広島のキャバの営業について

どこのキャバでもそうであるが、広島のキャバ嬢も客の携帯メールアドレスや携帯電話番号を聞きたがる。

キャバ嬢の営業は、この広島県でも多く行われているが、客の携帯メールアドレスや携帯電話番号を聞き出し、事ある毎に店に来るようにとの勧誘を行う。

また、電話であれば出てくれないケースがあり、客に対してこちらの意向を伝えられないことがあるが、メールでは、たまに受信拒否される場合があるが、客としても店の女の子からメールをもらって、

広島のキャバのホームページ

悪い気がしないから、受信した客はメール内容を見て女の子の意向を受け取ることができるので、営業としてメールを重視している。

送付されてくるメールの信ぴょう性はどうかという話題がインターネット上で良く出ているが、ほとんどの場合は、本気ではなく、営業であると言える。

キャバは、疑似恋愛の場所であり、客は、疑似恋愛と知りつつ通ってくるのであって、よほど女の子が自分に好意を持って接したとしても、基本的には、営業であると割り切ったほうが、綺麗な遊びとなる。